旅行が理由でブランクがある場合に転職をするなら

旅行に行っていたためブランクがあった場合

一度仕事を辞めてから気分などを変えるために旅行に行くという人は意外と多いものです。しかし、そういった旅行に行ったことによってブランクが空いてしまうことに不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。企業にとってはブランクというのは当然いいものではありません。しかし、ブランクがあるからといって必ずしも不採用になるというわけではないのです。ブランクになってしまった理由をしっかりと説明することができるかどうかというのが採用を得るための大きなポイントとなってきます。これから転職活動をするならばぜひ覚えておきましょう。

休職中に旅行に行ったというとマイナスイメージにとらえる人も多いかもしれませんが、仕事以外の体験をするというのはマイナスではありません。仕事をしている時では学ぶことができないことを学べるからです。つまり、ブランクの期間を説明するときには旅行に行ったということだけではなく旅行に行ってどういったことを学んだのかということを説明できるようにするといいのです。それが仕事に関わってくることならば当然プラスイメージになりますし、関わらない場合でもマイナスイメージになるということは避けることができるというわけです。

次に一度仕事をしたことがあるならばスキルアップをしたかどうかということも重要になります。休職中に何もしていなかったということはないと思います。旅行に行く以外にもスキルアップにつながることをしたという方も多いのではないでしょうか。そういったことをしっかりと企業側に伝えることで採用率というのは大きく変わってくるものなのです。中でも資格などの勉強というのは大きなポイントになります。こういったことをしっかりおぼえておくことで転職に生かすことができるようになるのです。

転職をするという場合には一人ですべてを行うというのはなかなか難しいですよね。そこで、転職エージェントなどを活用していくといいでしょう。インターネットなどの転職エージェントを利用することで、自宅に居ながらでも簡単に様々なサポートを受けることができるのです。面接時にどのようにして話せばいいのかという細かなこともしっかりとアドバイスしてもらうことができるので、どのような受け答えをすればいいか悩んでいるという方にもお勧めです。ブランクがあっても必ず転職を成功させることはできるので、あきらめずにしっかりと転職活動をしていきましょう。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら