海外留学が理由でブランクがある場合に転職をするなら

海外留学でブランクがあった場合

海外留学でブランクがある場合には早めに解消をすることが望ましいといえます。もし、何か不安要素がある方でも「何を学んだのか」ということをアピールできれば、留学の経験が評価されます。新しいことに臨む積極性やチャレンジ精神、語学力や社交性を評価される可能性があるので、留学のブランクをマイナスと考えずぜひ検討をしてみてはいかがでしょうか。新しいことに挑戦する気持ちを持てば、十分に評価される可能性はあります。

仕事に対する意欲や、前向きな姿勢は評価のポイントになるので、留学でどのような地域で何をしたのか、面接のときなどにしっかりと伝えることが大切です。また、なぜブランクになったとしても留学したのか、という点を明確に伝えれば、留学期間の間はそれほど不利益とされることなく、自然な形で仕事に向きあうことができるので、ぜひ思い切って挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

留学をする意気込みや新しいことに挑戦する意欲がある方であれば、仕事に対する熱心さや前向きの姿勢を評価されて、十分に採用されるチャンスがあります。どういう仕事に対して、取り組みたいのか、ということを十分に説明すれば、新しいことに積極的に挑戦するチャンスが生まれてくるので、ぜひ思い切って挑戦してみることをお勧めします。

海外留学での経験やブランクをうまく説明できない方や、履歴書や職務経歴書にアピールする項目が見つからない方には転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談して、具体的な記録や情報を確認をしておくことをお勧めいたします。手間もかかりませんし、比較的スムーズに転職を進めることが可能になります。また、海外留学の経験がプラスになる転職先も紹介してくれるので、十分に新しい職場で活躍できる可能性を見つけることが可能になります。仕事に対して熱心に取り組む意欲があれば、仕事でも十分に結果を出せるチャンスがあるので、ぜひ思い切って挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

仕事に対して意欲があることや、新しいことに取り組む気持ちがある、という点が留学では十分に評価されるポイントになるので、ブランクになったというデメリットの点ばかりをあまり意識をせず、ぜひ思い切って仕事に専念できるようにしておくことをお勧めします。新しいことに挑戦できる意欲があれば、仕事でも十分に評価につながるので、無理をしないで確実に仕事をこなせるようにしておくことをお勧めいたします。短期間でも十分に仕事で結果を出すことが可能です。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら