結婚が理由でブランクがある場合に転職をするなら

結婚をしてブランクがあった場合

結婚をしてブランクがあった場合は、女性では決して珍しいことではありません。それを理由に極端に不利益を被ることはありませんが、その期間や職種によってはきちんとした説明を必要とする場合があります。どのような仕事のスタンスで仕事に臨んでいるのか、ということを明確に説明出来ないと、その点で不利益を受けてしまう可能性があるので、明確に仕事に対しての方向性を示せるようにしておくことが肝心です。

結婚期間から仕事をしようと思うときには「家庭」と「仕事」の両立が可能なのかどうか、ということを説明できるかどうか、ということが重要になってきます。この点の説明が曖昧であれば、採用の段階で不利益をこうむってしまう可能性があります。明確に「こういう理由で仕事をしていきたい」という方向性を決められるのであれば、採用のときには、ブランクがデメリットになることもないので、ぜひ事前に準備を進めておくようにするとよいでしょう。

結婚関係のブランクで何か不安な点がある場合、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談しておけば、どのような状況のときに準備をしておくのが良いのか、などのアドバイスを受けることができます。また、家庭の育児などの制約がある場合にも合わせて、自分の状況と照らし合わせて働ける職務内容を選択するようにしておけば、間違いありません。このあたりの仕事の条件については、よく事前にチェックをしておくようにするほうが、時間的なロスも減らすことが出来るので安心できます。

仕事関係について、意欲を持っている人や、新しいスキルアップを目指す人であれば、結婚で一時、退職したとしても、今後のプランを明確に示せるのであれば、十分に新しい職場を紹介してもらえるチャンスがあります。この点ははっきりと次の仕事につながることなので、ぜひ明確に準備をしておくことが望ましいでしょう。

ブランクに関しては極端にロスと考えず、家庭を充実させる時間を作れた、新しい仕事に向けての心構えがある、など前向きに示せることで面接でも評価が違ってきます。もし、不安な点がある場合、事前に十分にキャリアコンサルタントと打ち合わせをしておくことで、どのような質問がされるのか想定することが出来るので、不安要素を取り除くことができます。出来る限りデメリットのないよう、安心して働ける準備をしておくことで、不利益を被らず確実によい条件で働くことが可能です。ぜひそのために転職支援サイトを活用することをお勧めいたします。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら