病気が理由でブランクがある場合に転職をするなら

病気のためブランクがあった場合

休職から復帰するという方がまず気にすることといえばやはりブランクについてですよね。ブランクがあると転職はできないのではないかと考える人は実は多いと思います。ブランクで多いものといえば病気によるものですよね。病気によって休職して療養をするという人は実は多くいます。そのあとに転職をするというのは不安もあると思いますが、しっかりとブランクの期間にどういったことをしていたのかということを話すことができればそれほど問題はないのです。病気を治すことができたのであればそれを伝えるようにしましょう。

ブランクがある人というのは企業側からするとしっかりと働くことができるのか?という不安があるのです。病気の場合ならばその病気が今後の仕事に影響しないのかということに疑問を持つはずです。つまり、病気が完治したのであればそれを伝えて仕事には支障がないということを伝えるようにしましょう。もちろんですが、嘘をつくのはいけません。もしまだ病気が続く可能性があるならばしっかりとそういったことも伝えるようにすることが大事になります。不安な方も多いと思いますが、そういった理由だけで落とされるということはほとんどないのです。

転職を成功させるために大事なのは仕事に対するやる気があるということをアピールすることになります。休職中も仕事に関する勉強をしている方というのは多いと思います。仕事に対してやる気を持っているということを企業側に伝えることができれば採用される可能性も高まるということなのです。職種を変えるという場合でも前職で経験したことを次の仕事に生かすことができるというようなアピールをしておけば問題はありません。このように転職はいかにして自分をアピールすることができるかということが重要なポイントになってくるのです。

病気によってのブランクでの転職はそれほど難しくはありません。しかし、それでも不安という方は多いと思います。そこで、転職エージェントなどを利用してサポートを受けるといいでしょう。この方法ならば転職の際にいろいろなサポートを受けることができます。より自分にあった求人を選んでくれるというのはもちろんのこと面接や履歴書についてどのようにすればいいのかというアドバイスももらうことができるのです。こういった方法を利用していけばブランクがあっても転職というのは成功させることができるというわけです。ぜひ試してみてください。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら