公務員試験が理由でブランクがある場合に転職をするなら

公務員試験でブランクがあった場合

公務員試験でブランクがあった方は、仕事に積極的に取り組む姿勢や受験勉強をしてきた姿勢が十分に評価されることになるので、それほどデメリットに考える必要はありません。前向きの姿勢を持っていれば、通常の第二新卒と同様の扱いで求人で対応をしてくれる可能性があります。ただし「現在の仕事をどうして選んだのか」という明確な理由がないと、なかなか仕事で評価されない可能性があるので、その点をはっきりとさせておくことが大切になります。

仕事について、前向きな姿勢や新しいことに思い切って挑戦する意欲など、明確な意識がないと、なかなか仕事では評価されないままになってしまう可能性があります。公務員試験では、必ずしもデメリットばかりではないので、新しいことに意欲的に挑戦する気持ちがあれば、十分に評価されることになるので、ぜひ思い切って取り組んでみてはいかがでしょうか。

また、事務職や関連職であれば公務員試験のために準備したことや、用意していたことを明確に示せることが肝心です。何もしていないままであれば、当然ながら評価の対象外になってしまいます。仕事に対する意欲や、新しいことに対する情熱などを覚えていくことによって、ブランクに対するマイナスイメージを払しょくすることができます。仕事に対する気持ちや、情報整理が十分に出来ないと、その点が評価されないままになってしまう可能性があります。

もし、公務員試験でどうやって仕事に取り組めばいいか分からない、仕事に対する自分の方向性がはっきりと見えない、ということであれば、それがデメリットになってしまう可能性があるので、その点だけ十分に考慮しておくことが大切になります。仕事に関して、あいまいな気持ちであれば、面接で応募理由を質問されたときに十分に答えることができません。

もし、公務員試験から転職活動に切り替えるのであれば、転職支援サイトに登録して、キャリアコンサルタントに自分のキャリアや向いている仕事のことについて一度、相談してみることをお勧めします。一から思い切って仕事に取り組むことによって、確実に仕事でプラスに働くことが出来るので、ぜひ思い切って挑戦をしてみてはいかがでしょうか。新しいことに積極的に挑戦することで、仕事に対しての意欲的な方針や方向性を定めることが出来るので、ブランクをハンデとせず速やかに次の仕事を探すことができます。時間的にもあまり不利益を被らないように、十分に準備をしておくことがお勧めです。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら