子育てが理由でブランクがある場合に転職をするなら

子育て中でブランクがあった場合

転職をする際に良くある疑問としてブランクがあると転職しにくいのではないか?ということですよね。一度就職をしてから離職し、期間を開けてから再就職を考えるという人は実は多いと思います。特に女性の方の場合は子育てなどがあるためブランクを開けてからの再就職しようと考えている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。子育てによるブランクの場合はそこまで、就職が厳しいというわけではありません。しかし、通常の就職と比べてしまうと当然ながら採用率は落ちるので、いかにしてブランク期間の説明ができるかが重要になるのです。

ブランクがあると転職ができないかといわれるとそういうわけではありません。ブランクがあるとすぐにやめてしまうのではないかという心配などがあるため採用されにくくなってしまうのです。なので、まずはブランク期間にどういったことを学んだのかということを説明することができるようにしましょう。子育てをしている間に学んだことというのはいろいろあると思います、そういったときに学んだことで仕事に生かせそうなことを説明することができれば企業に対してプラスに伝わり採用される可能性も高くなるというわけなのです。

以前の職種と同じ仕事で働きたいと思っているならばスキルが落ちていないということを説明できるようにするといいでしょう。当然仕事によっては変化などについていくことができないものというのもあります。しかし、そうでない場合は衰えていないということをアピールすることができれば即戦力として採用される可能性は十分にあり得るというわけです。別の職種にしようと考えている場合はやる気をアピールできるかがポイントになります。こういったポイントをしっかりと押さえておけばブランクがあっても採用される可能性は十分にあるというわけなのです。

ブランクがある人にとっては面接や履歴書などどのようにして対応すればいいか分からない部分というのがいろいろあると思います。そこで、転職エージェントなどを活用していくといいでしょう。こういったサイトを使えば面接や履歴書などに対してアドバイスをもらうこともできますし、より自分に合った求人を見つけてもらうこともできるようになります。あらかじめ職場がどういった雰囲気なのかということも知ることができるので転職活動をスムーズに行うことが可能となっているのです。こういったところを利用してみるといいでしょう。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら