ブランクがある方の転職時の履歴書の作成方法

ブランクありの場合の履歴書の書き方

ブランクありの履歴書を書く場、「何をしていたのか」ということを期間が長い場合には説明や補足を入れることが肝心です。直近のブランクが半年程度であれば求人活動をしていた、とみなされるのでそれほど不利益を受けることもなく、そこまでデメリットがあるとは限りません。ですが、どうしても時間が空いてしまうと、なかなか仕事に対しての意欲や新しい仕事環境に対応できるのか、ということが不安要素とされてしまうので、その点には十分に注意を払うことが大切です。

履歴書や職務経歴書はあまりに経歴があいまいで、汚れてしまうとその点が不利益を被ることになってしまうので、ある程度、自分の強みや長所をアピールしておくことがポイントです。この点があいまいなままになってしまうと、評価されるべきポイントが下がってしまう危険性があります。しっかりと「仕事に対する意識を持っている」という気持ちが伝われば、それがポイントになり採用担当者の目に留まる可能性があります。

また、最終の項目のブランクだけではなく、他の仕事の転職の間やアルバイト期間などにブランクがある場合にも、その点をしっかりと説明できるようにしておくことが肝心です。この点でどういう仕事をしているのか、ということを十分に説明できるようにしておけば、必ずしもデメリットばかりではないので、ぜひ思い切って挑戦をしてみるようにしてみてはいかがでしょうか。

新しいことに積極的に挑戦する気持ちや、何事にも取り組む意欲があれば、十分に仕事で評価される可能性があります。ブランクばかりがデメリットとなってしまい、自分の評価を下げることになってしまっては、履歴書を作成する意味が無くなってしまう可能性があります。転職支援サイトのキャリアコンサルタントに一度、相談してみることで、時間的なロスもありませんし、確実に仕事に取り組む意欲を十分に評価してもらうことになります。ぜひ、思い切って新しい仕事に挑戦する意欲を持つようにしてください。

もし、履歴書の書き方で不安がある、ブランクが長くて説明しにくい、などと不安を感じる要素があるなら、ブランク期間のイメージをあまり感じさせないように、仕事への意欲や、自分のこれまで取り組んできた長所をしっかりと記載できるようにしておくことが肝心です。仕事に対して前向きに取り組む気持ちがあれば、十分に評価される可能性があるので、ぜひ思い切って新しいことに取り組むようにしてください。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら