ブランク期間の年金について

ブランク中の年金はどうなる?

ブランク中の年金は、厚生年金か国民年金であるか、など年金の種類によっても違います。年金は未払いとなると、のちに一括して納めるか、最終的に受け取る年金額に影響する、という可能性があります。この点は、事前に十分に確認をしておかないと、年金関係で不利益を被る心配があります。もし、不明点があれば年金事務所に確認すれば諸手続きで対応をしてくれるので安心です。手続きをそのまま放置しておくと、後で不利益を被る危険性があるので、よく条件を確認をしておくことが良いでしょう。

また、退職後にブランクがある場合でも、厚生年金であれば自分で費用を払えば保険をかけ続けることができます。これは期間が限定されていますが、最終的に受け取れる年金の金額が大きく違うところがあるので、その点を十分に確認をしておくと余計に不利益を被らなくて済みます。条件に関しては事前によくチェックをしておくようにすると、後で安心することができます。

ブランクが長くなってしまうと、年金の未加入期間が発生してしまいます。現在は時効の関係などが法的にも整備されていますが、最終的に受け取れる金額に差が発生してしまうことがあります。また、一時期ニュースでも報道されましたが「消えた年金問題」のように、ブランクが長い期間が続いてしまうと、年金の諸手続きで不備が発生してしまう、ということも珍しくありません。その点についても十分に確認をしておかないと、後で失敗してしまうことになります。

年金関係については、諸条件についてよく確認をしておかなければ不利益を被るリスクもあります。特に退職後、ブランクが長く続いている方であれば前の職場の書類などに関して、そのままにされてしまっていることがあります。もし、手続き関係で何か不安があるなら、早めに手続きをしておくほうが、余計な間違いがなくて安心です。

また、次の転職先との調整や不明点があれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談すれば、どのような条件で年金や各種保険が手続きされているのか、ということを確認をすることができます。これらの点で何か不安があるなら、事前に確認をしておくようにすれば、余計な不利益を被ることなく手続きを進めることが出来るので安心です。各種手続きで何か記入漏れなどが無いのか、ということをよく確認を取るようにしておけば、間違いがないので、ぜひ一度きちんとチェックをしておくようにしてください。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら