ブランクがある方の転職時の面接対策

ブランクありの場合の面接対策

ブランクありの場合の面接対策は、「ブランクでも仕事が出来ない可能性」を面接の担当者に思われないように、十分に準備をしておくことです。この点で余計な不安や疑念を持たれてしまうと、当然ながらその点が争点になってしまい、デメリットを被るリスクが発生してしまいます。出来る限り自然に「ブランクが自分のキャリアでそこまで負担になっていない」ということを説明できることや、ある程度の計画をもってこれからキャリアプランに臨む、という気持ちを示せるかどうか、ということにかかっています。

ブランクの問題は、本人が余計に心理的なプレッシャーを受けてしまっていることがあります。ですが、過去のことをいくらさかのぼったとしても結果は変わらないので、その点を極端に不安に感じてもどうしようもありません。それよりも、明確に「こういう気持ちで新たに仕事に臨みたい」という今の自分を正直に伝えるほうが当然ながら採用される可能性は格段と高くなります。

ブランクの間の面接対策では「仕事がすぐにできる」という安心感を面接の担当者に持ってもらうことと同時に「離職率が高い人材」と思われないような信頼関係を築けるか、ということにかかっています。特にブランクが1年以上になると、「仕事をする気持ちがあるのか」と労働意欲について疑問を持たれてしまう可能性があります。そのようなデメリットは、仕事の上でも非常に不利益になってしまうので、しっかりとすぐにでも仕事をする気持ちがある、ということをアピールしなければなりません。

この点は意外と明確に説明することが難しい場合もあり、問題をそのままにしていると一向に解決できないままになってしまうことがあります。早めに諸問題について対応をすることによって、ブランクについても確実に解決をするための方向性や糸口をはっきりと示すことが出来るので、余計な負担や不満を持つことが無くなるというメリットがあります。

ブランクについて、もし明確に答えることが苦手意識を持っている、不安感が強い、ということであれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントにアドバイスを受けるようにしておくことをお勧めします。十分な準備をすることが出来ますし、予想される面接時の質問などについても、しっかりとサポートを受けられます。必ずしもブランクが自分が不採用になる理由に直結するわけではないので、しっかりと理由を説明できるようにしておくことが安心感につながります。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら