ブランクは転職する際に不利なのかについて

ブランクは転職に不利になる?

ブランクが仕事で不利になることはある程度は仕方がありませんが、それが必ずしも不採用につながる、ランクの高い仕事を見つけることが出来ない、というわけではありません。ブランクの期間にスキルアップを目指していた方や、資格を目指していた方、プライベートを充実させたいと考えていた方は、その理由をしっかりと説明できるかどうか、ということにかかっています。大切なことは「企業に必要とされる人材であること」を明確に説明できるかどうか、ということにかかっています。

ブランクの理由が曖昧である場合や、仕事をしていない期間があまりに長い場合に関しては、面接になったときに明確に理由を説明できるかどうか、ということは重要になってきます。この点について、あまりに曖昧な返答や、身勝手な理由で仕事をしていないなど、不利益となるような理由を出してしまうと、どうしてもそれが理由になって面接で不採用の理由になることもあります。

仕事に対して、「自分がすぐに働ける状況」であることを示せば、極端にブランクに関してデメリットとなることを防ぐことができます。仕事について前向きの姿勢を持っている、熱心に仕事に取り組む意欲がある、などがあれば余計なプレッシャーを感じることなく、確実に仕事をこなしていくことができます。出来る限り前向きに仕事に取り組む意欲があれば、それが評価されて十分に結果を出すチャンスがありますので、ぜひその点は極端に不利益を被らないように、事前にしっかりと準備をしておくとよいでしょう。

ブランクに関しては、どうしても不安や疑問を持たれてしまうことも決して少なくありません。そのような状況を出来る限り避けるという意味でも、しっかりと自分で説明を出来るようにしておくことが間違いありません。ブランクに関しては、余計な不安感を持たれないように、明確に自分がどのような仕事をしてきたのか、ということを説明できることがポイントになります。

もし、不利益を被る可能性があるとしたらどの点なのか、ということを転職支援サイトのキャリアコンサルタントに事前に相談しておけば、その点について十分に説明を受けることが出来るので、余計なリスクもなく確実にキャリアに結び付ける方法を取ることができます。煩わしいリスクも回避することが出来ますし、安心して仕事を任せることが出来るので、ぜひ一度この点に関しては極端に不安がることなく克服を出来るようにしておくことをお勧めいたします。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら