転職時に聞かれるブランク期間の理由の説明

ブランク期間の説明はどうする?

ブランクの期間の間は、多くの人が「どのように説明しよう」と不安に思うことも多いかもしれません。ブランクが空いてしまうと、その理由を無理にこじつけようとする方もいますが、面接のときには逆に悪い印象を与えてしまうことがあります。基本的に「素直に説明すること」で疑問を解消するようにしておくことが大切です。余計な不安感を持たれるよりも、正直に状況を説明したほうが余計な面倒や煩わしさもないので安心することができます。

ブランクの間、まったく仕事をしていなかったとしても「こういう理由で次の仕事まで休もうと思っていました」と素直に伝えるほうが違和感もありませんし、面接のときに好印象を持ってもらえます。このあたりの説明に不十分な点があると、それで心証が悪化してしまう可能性があります。正確に「仕事への取り組み方」や仕事に対して、どのような思いでいるのか、ということを説明できるほうが不利益を被ることもなくなります。

現在は就職が厳しい時代であり、失業保険などをもらって半年程度のブランクがあったとしても、それを面接のときに特に追求されることがありません。ただし、1年以上のブランクがあれば「どのような生活をしていたのか」「収入は何があったのか」などを明確に説明できるようにしなければ、不信感を持たれてしまうことがあります。あまり相手に不安に思われるような要素は出来る限り減らすほうが、不利益を被らないので、その点は事前に回答を準備しておくことがお勧めです。

ブランクについての説明がどうしてもうまく出来ない方は、転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談する、という方法があります。自分の実情を正直に話した上で、どのように面接のときに回答するのか、ということをアドバイスを受けておけば、突発的な質問に対しても悩むことなくストレートに答えることができます。このあたりの質問に関しては、問題をそのままにしていても一向に解決しないので、出来る限り余計な不安を持たれないように答えることをお勧めいたします。

また、ブランクの間に自分のやりたい事やスキルアップにつながること、家庭の事情があるなら、その点は素直に答えるほうが面接では不利益を受けることが少なくなります。職務経歴書や履歴書に記載方法のアドバイスを受けられるようにしておけば、自然な形で自分の状況について説明をすることが出来るので、デメリットとならないのでお勧めです。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら