転職時に聞かれるブランク理由で不安のある方へ

ブランク理由で不安になるのはやめよう

ブランクがあると「転職が出来ない」「再就職が出来ない」などと不安に思う方も多くいます。実際、ブランクがあって転職でブランクがない人よりも「有利」になることはありませんが、一方的な不利益を被らないために、どれだけ事前に準備や用意が出来るのか、ということによって、不利益を最大限、カバーすることは実際に可能です。しっかりとブランクの理由や自分の今の状況を理解すれば必要以上に不安になることはありません。

まず、ブランクに対しては「現状にどのようなスキルがあるのか」ということが評価のポイントになります。資格を有してる方や、長い職歴を持っている方であれば、多少のブランクが即、採用に影響することはまずありません。特に現代は「即戦力」や「人物重視」の採用が多くなっているので、その点で極端に不安を感じたとしても、それで不採用になることはそれほど多くないので、あまり極端に疑問や不安に思う必要はないといえます。

それよりも「どういう状況で転職を進めていくのが良いのか」ということを明確に準備をしておくようにすることで、ブランクで必要以上に不安に感じることはなくなるはずです。明確に仕事に対する意欲がある、すぐに働く意思がある、と判断されれば個人の能力によって十分に採用されるチャンスはあるので、ぜひ思い切って仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。この点は気持ちを切り替え、思い切ってチャレンジしてみないと、当然ながらチャンスは広がっていかないので、早い段階で決断をすることが肝心です。

仕事に対して、どのような意欲を持つのか、ということをブランクが不利益にならないように、きっちりと説明できるのか、ということにもかかってきます。面接のときにはブランクの期間を極端に隠そうとせず、しっかりと説明できるようにしておけば、それで不利益を被ることもありません。

もし、どうしても説明に困ってしまう、ということがあれば、転職支援サイトのキャリアコンサルタントにアドバイスを受ける、などの方法があります。実際に求人情報も多くありますし、自分がチャレンジできるお仕事も多くあるので、それらの情報を元に思い切って仕事を探してみるほうが十分に新しい仕事を見つけるチャンスになります。この点はあらかじめ十分に準備をしておかないと、なかなか実行することが出来ないので、ぜひ思い切って自分の希望するお仕事を見つけられるようにしておくことをお勧めいたします。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら