1年のブランクから転職をするなら

1年のブランクから転職をする場合!

1年のブランクの転職はブランクの中でも比較的長い期間になってしまうので、きちんと仕事に対する意欲や、ブランクの期間をどのように過ごしていたのか、ということを説明できることがカギになります。この点が曖昧になってしまうと、どうしても「すぐに働けるのか」ということを疑問に思われてしまうことがあります。即戦力として結果を出せる人材であることを示せれば、仕事面でも評価されることにつながります。

仕事関係では、どうしてもブランク期間中は職歴がなくなってしまうので、どういう仕事ぶりをしていたいのか、ということを明確に説明できることが肝心になります。この点が曖昧になってしまうと、面接の時や履歴書に自分のブランクの期間を説明するときに曖昧のままになってしまいます。特に直近のブランクに関しては1年間の期間にどのような仕事や、休暇の使い方をしていたのか、ということが質問されることになるので明確に説明できるようにしておくことが肝心です。

家族のことや、個人的な理由があるときには、はっきりとそのことを説明するほうが、面接官にも疑念を持たれることはありませんし、仕事への意欲、という意味でも不審に思われることはありません。明確に何かやりたいことや、ブランクの間に仕事につながることがあるなら、はっきりと説明しておくことが間違いないといえるでしょう。特に長期間になると、面接のときに曖昧に答えてしまい不利益をこうむってしまうことがあるので、この点は明確に説明を出来るようにしておくことが大切です。

ブランクに関しては、長期間のスパンが空いてしまっている場合には、事前に転職支援サイトのキャリアコンサルタントに相談するなどして、どのような質問が予想されるか、自分のブランクの期間の過ごし方についてどのような対応をしていたのか、ということを説明できるようにしておくことが間違いありません。

仕事に関して、現在もすぐに働ける意欲があれば、1年程度のブランクであれば充電期間としてそれほどデメリットを感じられることもない可能性があります。この点は、しっかりと説明できるかどうか、ということにかかっているので、事前に説明を出来るようにしておくことが肝心です。何か余計に不利益を被らないように、明確に条件を説明できるようにしておくことで、極端な不利益を回避することにもつながりますので、何か説明を隠すことが無いようにしておくことが大切になってきます。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら