ブランク明けでベンチャー企業に転職をするなら

ブランク明けでベンチャー企業に転職をしたい方へ

ブランク明けでベンチャー企業への転職は、難しいとも比較的やりやすいとも言えます。キャリアやスキルがアピール材料になるのはもちろんですが、それ以上に本人のやる気や適性が求められる面が強いからです。そのため転職しやすく、自己アピールしやすい職場からの求人を探していくかが転職を成功させるための鍵と言えるでしょう。

ベンチャー企業への転職が難しい主な理由は、やはり専門的な知識・スキルが求められること。業種を問わずベンチャー企業は時代のニーズを敏感にキャッチし、それに応えるサービスを迅速に提供することが最大の目的となります。そのためには自分を読むスキルなど実経験でなければ身につかないものが多く、未経験やブランク明けは採用の際に経験者に比べて大きな不利になってしまうのです。また、近年のビジネスシーンの激しい移り変わりもあり、過去の経験が役に立たず、ブランク明けの方のキャリアが評価の対象にならないケースがあるのも厄介な点です。

一方比較的やりやすい点は最後に挙げたビジネスシーンの激しい移り変わりと深く関わっています。先述のように過去のキャリアがあまり評価の対象にならないということは、逆にブランク明けの人にとってはチャンスでもあります。未経験と同じ扱いであっても採用のチャンスが期待できるからです。またWeb関連やコンテンツ関連などを筆頭に市場規模そのものが急激に拡大しているところでは人材の確保が追いついておらず、未経験やブランク明けでも積極的に採用するところが増えているのも転職の際に有利になります。

こうした事情から考えてもブランク明けからベンチャー企業への転職を目指す場合にはまったくの未経験と同じ感覚で求人探しを行っていくことが基本となります。ただし、唯一役立つ過去のキャリアと言ってよいのが営業職です。積極的な事業展開を行っているベンチャー業の中には、この営業職が不足して思うように経営を進められないケースもあるといいます。営業職の場合は業種を問わずに過去の実績が高く評価されます。過去に営業の経験がある方は例外的にそのキャリアを活かしつつ、採用に有利になるような求人を探していくようにしましょう。

このように、継続的なキャリアの積み重ねが重視される傾向が強いベンチャー企業において、ブランク明けの転職は未経験とほぼ同じスタンスで求人探しを行っていく必要があります。それだけに待遇面よりも自分との適性とやりがい、つまり就職した後にどれだけ自分の能力で昇進や昇給をつかめるか意識しながら求人を選んでいくことが重要です。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら