中高年でブランク明けの転職をするなら

中高年でブランク明けの転職をしたい方へ

中高年でブランク明けの転職を目指す場合には、やはり厳しいハードルをクリアしなければならないことを覚悟しておく必要があります。年齢とブランクという2つの不利な条件を抱えた状況で職探しを行っていくことになるわけですから当然といえば当然です。

中高年でブランク明けの転職をしたい場合には、求人探しにおいて2つのポイントが考えられます。まず過去の仕事において身につけてきたキャリアとスキルを活かせる職場を探していくこと。年齢を重ねれば重ねるほど採用する側は即戦力としての面を重視してきます。年齢的に人材育成や教育に時間をかけている余裕がないのですから当然といえば当然です。ですからブランクがあまり不利にならない、確かにブランクはあるけれども、仕事に対してしっかりと対応できる自信があることを採用担当者にアピールできる仕事を絞り込んでいくのです。ブランクの年数にもよりますが、同じ業種・職種でのキャリアは評価の際に大きなプラスとなりますから、転職を実現する際に一番の近道となるでしょう。

2つ目のポイントは、未経験の人材を積極的に採用している業種を選ぶこと。この点に関してはさらに2つのタイプに分けることができます。ひとつは業務に必要なスキルを身につけるのにそれほど時間がかからない仕事。採用されやすさという点では期待できる一方、収入面やその後の昇給などがあまり期待できない面があります。もうひとつはその業界そのものが急激に拡大していて、移り変わりが激しく過去のキャリアがあまり役に立たない仕事。こうした仕事では未経験でも積極的に採用し、現場で経験を積みながら日々変化する業界の動向を学ばせる傾向が目立ちます。中高年の場合は若い世代に比べると年齢の面で不利になりますが、一方ではブランクがあまり不利にならないので転職しやすい分野とも言えます。特に近年では観光業界にこうした傾向が目立つのでいろいろと求人情報を探してみるとよいでしょう。

もうひとつ、転職に役立つ資格をまず取得するのもひとつの手です。過去のキャリアよりもこちらの方が転職の役に立つといってもよいでしょう。特に不動産・建築業界などあまり年齢が問われない業種では、専門的な資格が非常に有利になります。宅建をはじめとしたさまざまな資格の中から自分にとって取得しやすく、転職に役立つものを選んで転職活動の傍ら取得を目指してみるのもよいのではないでしょうか。

他には介護・福祉関連の職場も、中高年でもブランク明けで採用されやすい分野として挙げられますが、これらの仕事では体力的な面と収入面で満足できるかどうかが鍵となります。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら