ブランク明けで上場企業に転職をするなら

ブランク明けで上場企業に転職したい方へ

ブランク明けで上場企業に転職したい場合には、いかに自分のスキルをアピールできるかが鍵となります。ブランク明けの不利を感じさせないアピールポイントを、どれだけ用意できるかと言い換えてもよいでしょう。

上場企業に転職する際のポイントは2つ、まず過去のキャリア、具体的に言えばどんな企業に勤めていたか。基本的には上場企業に勤めていたキャリアが最低条件となるでしょう。また単に勤続年数だけでなくどのような仕事をしてきたのか、そこでどれだけ結果を出してきたのかが重視されます。この点をアピールする際には職務経歴書が大きくモノを言いますから、書き方のコツなどをあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

職務経歴書の書き方では、できるだけ具体的な仕事内容にまで踏み込んだ形で記載する必要がありますが、あまりダラダラと実績を並べ立てる書き方はかえって逆効果です。自分の役割を果たすことで、どのような結果を出すことができたのかをできるだけわかりやすく簡潔な形でまとめるようにしましょう。

また、業種・職種によっては過去のキャリアがあまり役に立たないこともあります。IT業界が代表的な例となりますが、業界の再編やニーズの変化が目まぐるしい場合、ブランクを空ける前のキャリアはもう通用しないケースもあるのです。そのため転職活動を行う際には、過去に自分が携わってきた業界の近況や傾向などについての情報収集をしっかりと行い、自分のキャリアがアピールポイントになるかどうかを確認しておきましょう。

もうひとつのポイントはこれまでの仕事で身につけてきたスキルと知識です。これはキャリアと共通するようでまったく違います。専門的なスキルを身につけていれば、ブランクがマイナスになることなくアピール材料になりますし、これまで上場企業に勤務したことがないケースでも採用の余地が広がります。この方面では特にコンサルティング関連やクリエイティブ関連のスキルが有利になる傾向が見られます。実際この方面ではベンチャー企業や中小規模の企業からヘッドハンティングなどを通して上場企業に迎え入れられるケースが多く見られます。

このように、ブランク明けで上場企業に転職したい場合には、自分がアピールするべきは過去のキャリアか、それともスキル・知識かをまず確認しておきましょう。その上でチャンスが得られそうな求人を探しつつ、職務経歴書の書き方などの転職活動の準備と対策をしっかりと行っていくことが大前提となります。なかなか難しい面もありますが、限られたチャンスを生かせるような準備をしておきたいところです。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら