ブランク明けで年収600万以上の転職をするなら

ブランク明けで年収600万以上の企業へ転職をしたい方へ

ブランク明けで年収600万円以上の企業へ転職するのは、至難の業といってもよいでしょう。民間のサラリーマンの平均年収が300万円台といわれている時代に、この希望はかなり高望みといわざるを得ません。そこで、ブランク云々がまったく問題にならない実績やスキルを備えていることが絶対条件となるでしょう。

まず600万円以上の収入が得られるほどの価値が自分にあるかどうか。これはビジネスマンとしての能力だけの問題ではなく、役割に求められるスキルを備えているかどうかも問われます。例えば現代のビジネスシーンではIT関連を筆頭にクリエイティブなスキルが求められている傾向が見られます。プランニングやプロデュース、コンサルタント業務など、創造性が問われる分野に自信がある方はブランク明けでも十分にチャンスが得られることでしょう。他にも理系をはじめとした専門的なスキルを備えているかどうか、言い方はよくないかもしれませんが「お金になる」スキル・知識の有無を確認しておくとよいでしょう。

それから成果主義を導入している企業を選ぶのもひとつの手です。ブランク明けだろうと、勤続年数が少なかろうと結果さえ出せば短期間での高収入が期待できる職場です。こうした成果主義は外資系に多いと言われますが、近年では国内企業でも成果主義を全面的に取り入れるところが増えており、国内か海外かではなく業種・職種によって導入が進んでいるところと、そうでないところが分かれる傾向が見られます。先述のクリエイティブ関連の業種はその筆頭ですし、営業職でも似たような傾向が見られています。結果を出せないと思うような収入が得られないリスクもありますが、ブランク明けの不利を短期間で払拭できるよい機会です。こうした企業ではブランクの有無よりも本人のスキルや知識が採用の際に重視されるため、自信がある人ならチャンスを活かしやすい点も有利です。

もうひとつ、年収600万円以上の企業に転職する方法として人脈の活用も挙げられます。コネを活用する、というとあまり良いイメージを持たない方も多いかもしれませんが、ビジネスシーンにおいて人脈は立派な財産です。以前の職場で親しかった人や先輩、上司はもちろん、取引を通じて付き合いがあった人などに積極的にアプローチしてみましょう。その相手の会社に就職できるかどうかを問うのではなく、よい仕事先がないかどうかを聞くことがポイントです。そうすることで自分が職探しをしていることを広く伝え、良い話があったらすぐに教えてもらえる環境を整えておくというわけです。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら