ブランクがある20代が転職をするなら

ブランクあり20代の転職

なかなか就職することができない就職なんと呼ばれている時代ですが、それでもより自分に合った職場を求めて転職をするという人は多いですよね。転職をする際には様々な悩みを抱えることになると思います。その中でも多いものとして知られているのがブランクを持っているということです。一定期間働いていない期間があるとどうしてもその期間をどう説明していいか分からずに悩んでしまうという方は多いのではないでしょうか。特に20代のうちというのはどのようにして転職をすればいいかというも正確にわかっていないと思います。ブランクがあっても対応をしっかりとすれば問題はないのです。

もちろんブランクがあれば企業からのイメージというのは悪くなってしまいます。ではどうしてブランクには悪いイメージがあるのでしょうか。働いていない期間があるということは企業にとってまたすぐにやめてしまうのではないかという心配があるのです。仕事に対するやる気がないのではと思われてしまうというわけです。つまり、逆にしっかりと仕事に対するやる気をアピールすることができればブランクというのはマイナスイメージにはならないということになります。どのようにしてブランクの期間を説明できるかが大事です。

ブランクがある方はその期間にやっていたことが様々あると思います。それをいかにして説明することができるかというのがポイントの一つになってくるのです。資格などの勉強をしていたというならばスキルアップのために勉強をしていたということが伝わりますし、何か情報を集めていたということを伝えることができればさらにやる気をアピールすることができます。このようにブランク期間の説明の仕方で企業からの印象というのは全く違うものにすることができるというわけなのです。なので、まずはブランク期間をうまく説明できるようにしましょう。

一人で転職活動をするというのは簡単なようで実はとても難しいことです。特にブランクがある場合にはどのようにしていいか分からないという人も多いですよね。そこで、転職エージェントなどを利用してサポートを受けるといいでしょう。こういったサイトならばブランクがあるときにどのようにして説明すればいいのかというアドバイスを受けることもできますし、面接や履歴書などの書き方も教えてくれます。また、非公開求人などもそろっていて自分に合った求人を見つけやすくなるので、転職の際には活用していきましょう。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら