沖縄でブランク明けの転職をするなら

沖縄でブランク明けの転職をお考えの方へ

沖縄でブランク明けの転職を検討する際には、かなり高いハードルをクリアしなければならないことをあらかじめ確認しておきましょう。そもそも就職状況そのものが決してよいとは言えないため、ブランク明けの就職・転職ともなると求人の数そのものが限られてきますし、まして希望の業種を絞り、よい待遇の求人だけを選ぼうと思うとたちまち選択肢が狭まってしまいます。

沖縄はここ10年間、求人倍率が全国でも最も低い水準となっています。ここ2〜3年の間にかなり改善の兆しが見られているものの、依然として厳しい状況には違いありません。そもそも企業に人材を雇う余裕がないことがその大きな原因ですが、それだけに雇う際には即戦力を求める傾向が見られます。仕事を覚えてもらい育成をしていくだけの余裕が、時間的にも経済的にもないからです。そのためブランク明けはどうしても不利になってしまいます。

ですから、まずブランク前のキャリアやスキルをどれだけアピールできるのかを確認しておきましょう。ブランクが不利になるのは避けられませんが、未経験に比べればずっと好印象を与えることができますし、過去の実績が大きな評価ポイントになる可能性も十分にあります。となると当然過去に携わってきた業種・職種にほぼ限定して転職先を探していくことが大前提となります。

ただその一方で、沖縄県は小売やサービス業が経済の圧倒的多数を占めているエリアです。観光業が重要な産業となっているのもその理由ですが、こうした仕事は接客業などコミュニケーション能力や交渉力が問われる点において共通点を持っています。ですからこうした小売業、サービス業でのキャリアがある場合には、過去に携わっていた業務とまったく同じ分野だけでなく、そのキャリアとスキルが活かせる範囲内である程度広く探していくのもポイントです。

現在の沖縄県の雇用環境では内地系の企業からの求人が多くなっています。これは経済振興のため沖縄県が内地系の企業に対して優遇措置を図ることで誘致を行っていることがその理由です。こうした内地系の企業は給料の面でも地元の会社よりも高い傾向があるため、求人を探す際にはよくチェックしておくとよいでしょう。

まずブランクをできるだけ不利にしないよう心がけつつ、スキルを活かせる分野を広い範囲から探していく。この基本線を守りつつ給料や勤務時間といった待遇面を細かくチェックしていくようにしましょう。なかなか難しい面もありますが、これらのポイントを踏まえておけば時間と手間を最小限に抑えつつ、効果的に転職先選びを行っていけます。

ブランクからの転職をするならこのエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートキャリア
リクルートエージェント詳細・登録はこちら